人に言えない悩みも美容外科で解決

多汗症一見美容ではなさそうな症状で、多汗症やワキガがありますが、こちらも美容外科で治ります。一般の医院で治さないですが、敢えて治したい内容のものは、美容外科で依頼します。医師がついているので、やはり安心です。男女を問わず悩みに挙げられますが、人に言えない、恥ずかしいと感じることが多いようです。でも、治したい、でも病院に入るのも恥ずかしい、など数々の悩みが重なり合います。勇気を出して行ってしまえば、明るい未来が待っています。何でも費用を払えば病院で治せる時代ですので、利用しない手はないでしょう。

また、言えない悩みではないですが、脱毛もレーザーなどで行います。こちらも医師がついているので炎症が起きてしまった場合でも安心です。それから、色素沈着も病院に掛かるものなのか、そちらを悩みますが、しっかりと治してもらえます。また、婦人科形成もあり、デリケートゾーンの処置や手術も可能です。何でも頼めるので、心強い味方になります。(例:美容外科札幌中央クリニック

ただ、どのケースでも保険適用外、自由診療となるので費用はそれなりに掛かります。クリニックのホームページでは、費用の目安が載っていたり、メールやチャット相談出来るところもあります。相談もしやすくなっているので思い切るのも少し楽でしょう。

多汗症とはどういうものなのか

多汗症(hyperidrosis)とは、発汗つまり汗のかきかたがとても多い状態のことをいいます。その症状は全身に現れるもの(全身性多汗症)と、身体の一部分に現れるもの(局所性多汗症)の2種類があります。全身に現れる多汗症は、高温の環境にあるところや重労働を行った際、肥満者に多く生じます。また、バセドウ病・糖尿病・パーキンソン病患者・妊婦なども多汗症を発症することが多いです。これ以外にもある特定の薬を服用している人物に生じることがあります。

多汗症身体の一部分に生じる多汗症は、精神的な要因や熱いものを食べたときに生じることが多いです。多汗症の症状が出やすい部位は、掌・足底・顔面・脇の下などに多く症状が現れます。ほんの少し緊張しただけでびっしょり汗をかき、日常生活に支障をきたすような多汗症を発症した場合、皮膚科を受診すべきです。その際、精神安定剤が処方されることがありますが、それがある程度多汗症に効果を発揮します。また、制汗剤の使用も有効であります。症状が特に強い場合は脇の下の交感神経を手術する方法もあります。だが、手術以前に症状が現れていた部位とは別のところに症状が出る可能性があるため、実際に行うか否かは慎重に検討しなければなりません。

多汗症の大まかな症状と治療法

多汗症は、エクリン腺という汗腺から汗が過剰に放出される疾患で、精神的な原因による発汗ではなく、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗を指します。症状は大きく二種類あります、全身性多汗症と局所性多汗症です。さらに先天性であるか後天性であるかによっても分類できます。

ストレスストレス、不安、緊張などの精神的なものが影響する場合、また食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りが影響する場合があります。多汗症は、仕事や勉強に悪影響を及ぼすことがあり、対人関係に支障をきたすこともあります。精神的苦痛が大きいにもかかわらず、社会的認知はあまり進んでいるとは言えず、本人が病気と認識していない場合や、周囲に理解されずにうつ病を併発したりする患者も多く存在します。

治療には、程度に応じて方法や対策を選択する必要があり、薬液の塗布、通電療法、ボトックス注射、ETS手術などがあります。症状の緩和には自律神経が関わってきます、リラックスできる生活環境をつくることは重要です。


☆関連する記事

皮膚科的な処置

薬皮膚科的な悩みもたくさんあります。ニキビやシミ、ホクロ、たるみに至るまで、人々の悩みは尽きません。ニキビも少しなら思春期に皆経験しますが、ひどい人は本当に見ていて気の毒な程の症状に発展してしまっています。ニキビの跡にもなってしまい、こちらの悩みも尽きません。どちらも処置をしてもらうと良いです。薬の処方や外科的な処置も組み合わせて、肌のトラブルもしっかりと治してもらえます。

アザやホクロ、シミも目立つ場所にあると人の目が気になりますし、悩みます。こちらも外科手術で取り去ってしまうと良いです。レーザーで焼く処置もあります。費用は高めですが、アザやホクロが消えるのですから、これは魅力です。大きな悩みとなっている人は依頼すると良いです。

そして、老化の部類ですが、タルミやシワ取りもこちらで頼めば改善されます。エステも良さはありますが、美容外科でエイジングケアの治療をうけるとすぐに改善されます。手術や処置に抵抗がある人はエステでの長期戦が良いでしょう。それぞれにメリットとデメリットはありますので、自分に合っている方で依頼すると良いですが、医師がついていることはやはり大きな安心材料となります

そして、本当に直接的な整形手術ももちろんあります。鼻を高くする、目を二重まぶたにする、アゴをとがらせる、など、様々ありますが、こちらはやはり後遺症が残る場合がありますので、覚悟と勇気もいります。

シミが出来たら美容外科で処置

美容外科私のシミ治療は美容外科でお願いをしています。美容外科でシミを取ってから私にケアはシミを作らないようにしていることです。一度出来てしまったシミは美容外科でレーザー治療をしていただき取ります。美白化粧品を使っても日焼け止めを使っても出来る時は出来ますし、そしてなかなか消えないのも現実です。ならばレーザーで簡単にとっていただいてケアをした方がいいと思い、私は美容外科でお願いをするようになりました。今ではシミを取るのにそんなに料金も高くないので、周りのお友達も通っている人は多いです。

きっと抵抗がなくなってきていると思います。シミが一つあるとお化粧する時にコンシーラーで隠したり大変です。気持ち的にも沈んでしまうことが多いので、レーザーで手っ取り早く取ってしまいます。それからは日焼け止めをマメに塗り、そして保湿を心掛けながらのケアをして行くのです。綺麗な肌になるためには、プロの手も借りて綺麗になってもいいと思います。

しみや肝斑、ニキビなどを治す専門の美容皮膚科

しみや肝斑、ニキビなどを治す専門の美容皮膚科があります。ここでは、顔中にできてしまった肝斑も治療できる最新鋭の治療のフォトシルクプラスを行っています。この機器を使った治療は、従来のフォトフェイシャルを使った治療と比べてより安全性が高いものになっています。

フォトシルクプラスでは、これまでのフォトフェイシャルと比べて、さらにメラニンだけにターゲットを絞った照射ができるので、より肌ダメージが少ない治療ができるようになっているからです。フォトシルクプラスでレーザーを照射した皮膚には傷跡も残りません。フォトシルクプラスの治療には、治療をしたあともすぐにメイクができるという特長もあります。

また、フォトシルクプラスに反応したメラニンは黒いゴマのような形になって皮膚の表面に浮き上がり、約一週間くらいで自然に皮膚から剥がれ落ちるため、肌の表面に浮き出ているしみだけでなく、肌の内部に潜んでいる見えないしみまで治療することができます。


☆関連する記事

美容外科は何をするところなのか

美容外科は何だか行ってはいけないところ、というイメージが固まっていることが多いものです。美容整形が主だと思われているからです。整形手術は「バレたら恥ずかしい」とか、内密とか内緒などの閉ざされたイメージです。シワ取りの注射しかし、実際はどうでしょう。時代は変わり、どんどん気軽に利用するところになりました。ちょっとシワ取りの注射を1本打ってもらいに、とかピーリングをやってもらいに、など、本当に気軽です。エステの内容でも、医学的裏付けがないと大変心配です。病院ならば医師がついているので、間違えた処置はしません。その点が安心です。

整形手術のイメージは取り替えて、気軽に訪れてみてはいかがでしょう。もちろん、整形部門も健在ですので、依頼は可能です。また、顔、身体、脚、腕などパーツごとに処置が可能です。考えてみれば、「美容」の「外科」ですので、手術可能なエステであると言えます。美肌、美脚、美腹、など、美とつけて身体のどこのパーツでも処置可能です。メスを入れるのは抵抗がありますが、エステで治らないものも、外科的な処置や手術で即効果が目に見えたりしますので、患者には嬉しい限りです。また、脂肪吸引などやはりエステでは長期戦で目に見えにくいことであっても、脂肪吸引をしてしまえば取れてしまいます。美容に関する外科手術や処置を広く行なってもらえる病院と言えます。

整形と言っても、ホクロやシミなど、患者の悩みの種になっている症状を取り去ってしまうことも美容外科の仕事です。これは悪いことでも自然に逆らうことでもなく、人を幸せにする大変素晴らしいものです。

美容整形への誤解を捨て去る

美容整形美容整形と聞くと、もしかしたら中には「親から与えられたら容姿をかえるなんて親不孝だ」と考える人もいるかもしれません。しかしそれは違います。美容整形をすると完全に別人の顔になると誤って考えているからこそ、そのような考えになるのです。美容整形をしたとしても、あくまで元の顔の本質は変えられません。その人のオリジナルの顔をもとにして、その顔を綺麗にするだけなのです。

だから整形したから別人になるという考えはおかしいです。美容整形を非難するならば、化粧はどうなのだでしょう。今や化粧一つで別人の顔にもなることができます。しかし化粧は受け入れられて美容整形は受け入れられないのは少々おかしいかと思います。美容整形と言っても様々ですし、今では例えば二重瞼やしわ取りなどのプチ整形もあります。もしも美容整形に対して若干の偏見を持っている人がいるならば、まずは美容整形の案内を見てみるといいでしょう。きっと見方が変わると思います。

美容追求は、整形外科ではなく形成外科や美容整形で

美容目的で整形手術を受けたいとき、整形外科に出向けば頼むことができるわけではありません。なぜなら、整形外科は、美容整形を対象領域に加えていないからです。整形外科の対象範囲は、あくまでも医学的な整形手術であり、美容目的の整形手術は対象外としています。美容目的の医療は行っていないのが、整形外科の分野です。

形成外科では、どこに出向けばいいのかというと、整形外科に美容目的を少し加えた分野である、形成外科が挙げられます。基本的に、整形外科と形成外科のつながりは近いですが、美容目的に近い医療も対象としているのが形成外科の分野になります。ただし、形成外科を担当する専門には、健全な体にメスを入れることを視野に入れておらず、美容外科を受け付けていないところもあります。

一方で、形成外科でも、美容目的の美容外科を主として対応している医療機関もあります。手術を受けるときは、そもそも美容目的なのか、治療をお願いしたいのか今一度考える必要があります。


☆関連する記事