人に言えない悩みも美容外科で解決

多汗症一見美容ではなさそうな症状で、多汗症やワキガがありますが、こちらも美容外科で治ります。一般の医院で治さないですが、敢えて治したい内容のものは、美容外科で依頼します。医師がついているので、やはり安心です。男女を問わず悩みに挙げられますが、人に言えない、恥ずかしいと感じることが多いようです。でも、治したい、でも病院に入るのも恥ずかしい、など数々の悩みが重なり合います。勇気を出して行ってしまえば、明るい未来が待っています。何でも費用を払えば病院で治せる時代ですので、利用しない手はないでしょう。

また、言えない悩みではないですが、脱毛もレーザーなどで行います。こちらも医師がついているので炎症が起きてしまった場合でも安心です。それから、色素沈着も病院に掛かるものなのか、そちらを悩みますが、しっかりと治してもらえます。また、婦人科形成もあり、デリケートゾーンの処置や手術も可能です。何でも頼めるので、心強い味方になります。(例:美容外科札幌中央クリニック

ただ、どのケースでも保険適用外、自由診療となるので費用はそれなりに掛かります。クリニックのホームページでは、費用の目安が載っていたり、メールやチャット相談出来るところもあります。相談もしやすくなっているので思い切るのも少し楽でしょう。

多汗症とはどういうものなのか

多汗症(hyperidrosis)とは、発汗つまり汗のかきかたがとても多い状態のことをいいます。その症状は全身に現れるもの(全身性多汗症)と、身体の一部分に現れるもの(局所性多汗症)の2種類があります。全身に現れる多汗症は、高温の環境にあるところや重労働を行った際、肥満者に多く生じます。また、バセドウ病・糖尿病・パーキンソン病患者・妊婦なども多汗症を発症することが多いです。これ以外にもある特定の薬を服用している人物に生じることがあります。

多汗症身体の一部分に生じる多汗症は、精神的な要因や熱いものを食べたときに生じることが多いです。多汗症の症状が出やすい部位は、掌・足底・顔面・脇の下などに多く症状が現れます。ほんの少し緊張しただけでびっしょり汗をかき、日常生活に支障をきたすような多汗症を発症した場合、皮膚科を受診すべきです。その際、精神安定剤が処方されることがありますが、それがある程度多汗症に効果を発揮します。また、制汗剤の使用も有効であります。症状が特に強い場合は脇の下の交感神経を手術する方法もあります。だが、手術以前に症状が現れていた部位とは別のところに症状が出る可能性があるため、実際に行うか否かは慎重に検討しなければなりません。

多汗症の大まかな症状と治療法

多汗症は、エクリン腺という汗腺から汗が過剰に放出される疾患で、精神的な原因による発汗ではなく、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗を指します。症状は大きく二種類あります、全身性多汗症と局所性多汗症です。さらに先天性であるか後天性であるかによっても分類できます。

ストレスストレス、不安、緊張などの精神的なものが影響する場合、また食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りが影響する場合があります。多汗症は、仕事や勉強に悪影響を及ぼすことがあり、対人関係に支障をきたすこともあります。精神的苦痛が大きいにもかかわらず、社会的認知はあまり進んでいるとは言えず、本人が病気と認識していない場合や、周囲に理解されずにうつ病を併発したりする患者も多く存在します。

治療には、程度に応じて方法や対策を選択する必要があり、薬液の塗布、通電療法、ボトックス注射、ETS手術などがあります。症状の緩和には自律神経が関わってきます、リラックスできる生活環境をつくることは重要です。


☆関連する記事